インターネット取引ルール −推奨環境

ポップアップブロック

ポップアップブロック機能

ポップアップブロック機能とは、Webサイトにアクセスした時に、自動的に開かれる広告等のウィンドウを開かないようにするための機能です。

ポップアップブロック機能により、電子交付やネットバンク入金サービスの画面が表示されない場合があります。画面を表示させるためには、以下の情報をご確認ください。

ポップアップブロック機能があるソフトウェアの例

  • 各種セキュリティソフトウェア
  • ウェブブラウザーに埋め込むツールバー
  • 「Yahoo!ツールバー」「Googleツールバー」など

ポップアップの許可を必要とするサービスとwebサイトのアドレス

目論見書・電子交付閲覧等 *.jip-jet.ne.jp
ネットバンク入金サービス 各金融機関共通 *.billingjapan.co.jp
三井住友銀行(SMBCダイレクト) *.smbc.co.jp
三菱UFJ銀行(三菱UFJダイレクト) *.mufg.jp
みずほ銀行(みずほダイレクト) *.mizuhobank.co.jp
日本郵政公社[郵便貯金] (郵貯インターネットホームサービス) *.jp-bank.japanpost.jp
住信SBIネット銀行 *.netbk.co.jp

ポップアップブロックが機能して、目論見書等が表示されない場合の対処方法については、こちらをご覧ください。
(Microsoft Edgeの場合)
ポップアップブロックの対処方法

対処方法

画面を表示させるには、ポップアップブロックを許可する必要があります。ポップアップブロック機能搭載の種類により、対処方法が異なります。

Microsoft Edgeの場合

  1. Microsoft Edgeを起動後、設定 > サイトのアクセス許可 > ポップアップとリダイレクト > 許可 の「追加」ボタンをクリックする。
  2. 「許可するWebサイトのアドレス」欄に「[*.]jtg-sec.co.jp」と入力し、「追加」ボタンをクリックする。

各種セキュリティソフトウェアやツールバーの場合

設定方法は、各ソフトウェアのヘルプ機能や提供元にご確認ください。

注意事項

ポップアップブロック(ポップアップキラー、広告カット)機能とは、Webサイトにアクセスした時に自動的に開かれるウィンドウを止める機能です。ポップアップブロック機能の解除を行なったことにより発生した障害等には、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

サイト表示切替